空手道選手権大会

 

第1回POINT&K.O.中部選抜空手道選手権大会

開催日時  平成27年2月1日(日)

会   場  豊田地域文化広場 体育館

結 果

POINT&K.O.第11回関西選抜空手道選手権大会

日時:2015年1月18日 

場所: 東大阪アリーナ

結 果


九州選抜大会 結果

主催 実戦空手古武道 励士館

平成26年11月23日(日) 会場 岡垣サンリーアイ

結 果


東北選抜大会 (NPO法人空手道POINT&K.O.ルール協会)

平成26年11月30日(日) 宮城県総合運動公園 グランディ21

結果詳細


中国地区少年少女空手道選手権大会 第五回 MOMOTARO CUP 結果

POINT&K.O. 中国地区少年少女空手道選手権大会

 主 催  実戦空手修士館 

主 管  特定非営利活動法人空手道POINTK.O.ルール協会 

日 時  平成261026日(日)

結果詳細PDF 

第8回 POINT&K.O.北海道選抜空手道選手権大会 結果

第8回 POINT&K.O.北海道選抜空手道選手権大会 

平成26年9月28日  会場:北海道青少年センター コンパス  

大会入賞者詳細

第29回 POINT&K.O.空手道選手権大会 後援:文部科学省 外務省 東京都

 

〜ルール協会設立10周年記念 国際交流親善試合〜

  日露武道交流年 記念事業

 POINT&K.O.第29回空手道選手権大会

開催 2014年4月12日〜13日

後援: 文部科学省  外 務 省  東 京 都  

 

第10回 全日本少年少女空手道選手権大会

      2014年4月12日(土)

第29回 全日本空手道選手権大会

      2014年4月13日(日)

 

両日ともに、設立10周年記念の感謝をこめて入場料を無料としました。

沢山の方にご来場いただき誠にありがとうございました。

 

特定非営利活動法人空手道POINT&K.O.ルール協会が設立して

10周年を向かえることができました。

世界の誰もに平等に与えられたスポーツそして武道として統一されたルールの下で、

本大会は、武器を持たない素手で行う空手道として、世界平和と子供たちの未来に夢を与えることを目的とし活動してまいりました。

今年はその10周年を記念し、言葉の壁を乗り越え、第二外国語として空手道を通し、

日本の誇れる武道を、わが国のチャンピオンたちと各国の子供たち、また青少年の皆さんと交流するすばらしい大会となりました。

また、初の女性のカテゴリーができ、初代チャンピオンも誕生いたしました。

 多くのサポーターのご協力も頂き誠にありがとうございました。

※ この度外務省において日露武道交流年記念事業に認定していただきました。

    

 To a Karate Shihan Thinking of Sending his Karate Athletes to Our Tournament,
 
The deadline of the entry for the Global Point&K.O. Tournament is the end of January. After the entry, you are supposed to send to us the personal histories and photographs of the participating athletes by February 10.

 

第27回POINT&K.O.空手道選手権大会ギャラリー

 

ピーター師範演武hp.jpg

オーストラリアより来日した 拳法琉のピーター師範

同流のオリジナルの型

 

nakamoto souke.jpg

沖縄剛柔流 沖縄館 宗家

卍ヌーティの型 この古琉の型は初披露となる。

協会より、長年の功績に敬意を表し花束が贈られた。

代表選手の選手宣誓.jpg

全国の代表として、選手宣誓を行う。空手界のなでしこ。

 

2012ALLJAPAN (入賞Kansai).jpg

今年、関西代表者の入賞は目を見張るものがあった。大会前には、選ばれた選手で合同稽古をしたという。頑張れ関西!

負けるな みんな。

試合hp.jpg

子どもだからと、侮るなかれ、心も技も 真剣勝負!

その姿には、代表選手としての誇りと責任を感じ、素晴らしい試合を見せてくれる。

長田と優勝旗hp.jpg

 昨年、技能賞となって来年の国際大会も内定はしていたが、これで、もう押しも押されぬ立派な日本代表選手を手にした。

その姿は、美しく女性ファンも多いという。

 写真提供 オールスポーツコミュニティー http://allsportts.jp/

        写真家 山口秀幸

 

▲このページのトップに戻る